ヘタレの回線不良日記

No-220 ルーンミッドガッツ王国特務捜査部→実在しまs

スパイ疑惑クエストで黒服4人くらいの集団が登場!

(6/8 追記有 SS貼り付け キバヤシ終了w)

*以下クエストネタバレ有り 閲覧注意



昨日は行き違った過去、飛行船クエストを終わらせ、飛行船追加クエスト、スパイ疑惑クエストをラストのEXP報酬を受け取る手前まで完了~

@は工場クエスト、シドクスクエスト、大統領クエスト(一部)の為にアイテム集めしてました

囚人の腕輪と研究記録が中々集まらず、全てを集める事は出来ませんでしたが、シドクス等、前提クエストに必要なアイテムはばっちり集めたので、今日も帰宅後はクエスト三昧です・w・

●行き違った過去

20数年ぶりに家族を再開させるお話=w=

父親がどうしようもない人(過去形でです)なのですが、娘さんがそれすらも憎んでなかったという聖人ぶりを見せ付けてくれます

やめてっ!貴女は眩し過ぎるの!

汚れPLには後光が体に毒でした(ぇ

娘夫婦は無料で武具を修理できる機械を発明していて、お礼に何度でもタダで使っていいですよーと言ってくれます

うはwwwwGvでアインBCにしたら修理無料wwwww大勝利ktkrwwwwwwww

まぁクエストクリアしてないといけないのと、アイン自体が交通の便が悪すぎてBCに向いてないのはわかっとりますprz

早く無料修理機械を全国展開してくれよ・・・・ホルグレン涙目にしてくれ・・・

●飛行船クエスト

飛行船って何で浮いてるの~?

それはねーユミ(ry  のイミテーsy(ry がルーンきか(ry で(ry

●飛行船追加クエスト

子供:それはねーユミ(ry  のイミテーsy(ry がルーンきか(ry で(ry ってどういうこと?

PL:かくかくしかじかこれこれうまうま

子供:大賢者バルムント様って言う人が、昔いてね・・・云々

PL:なるほどー大賢者バルムントって人が科学をここまで進歩させた先駆者だったのかー

子供:300年前の人だけどね・w・

PL:ちょっくら疑問も尽きない事だし研究所に潜入すっか!

潜入→鹿船長に見つかる→逃げる→@はクエスト報酬貰うだけ、ここで止めてます

↓ 漢の中の漢、トナカイ船長
b0080200_7571546.jpg


●スパイ疑惑クエスト

幼女が困っていました

変態という名の紳士としては見過ごせないですよね?

幼女:あたしお手紙届けないといけないの・・・でも場所がわからないよぅ・・・

PL:おじちゃんが一緒に探してあげるよ・・・・うへへへ・・・へへ・・・

どうみても犯罪者です、本当に(ry

手紙の受け取り人は吟遊詩人の【ラスダール】

吟遊詩人・・・どっかで見た事あるなぁ・・・と思ってたら、やっぱり歴史学者で通った
大聖堂にいました・w・b

話しかけても歌ってるのを邪魔すんじゃねぇよ、この凡人が!と相手にしてくれなかったので、気が済むまで待つ事に

漸く気が済んだのか手紙を受け取ってくれます、きちんと代理で手紙を届けに来ましたと伝えると、報酬を幼女に渡してくれませんか?、その後お話があるので出来ればもう一度来て下さい、と頼まれます

オッケーイ!(古田風

幼女にラスダールからの報酬を渡してあげると、はにかみながらも笑顔でお礼を言ってくれます(若干妄想入ってマースw

吟遊詩人のもとへ戻ると、手紙に知り合いが冤罪でモロク城地下に捕まってるので、どうにか助けてほしいといわれます

了承し、手助けを約束し一路モロクへ

モロク城地下牢獄の看守に阻まれ、面会も適いません

が、さりげなく袖の下を要求する看守

仕方ないので渡すPL

腐敗!こいつ・・・フライデーしてやろうか!(表現古いw

袖の下により上司を紹介して貰えることになるも・・・・

アーウチノブショデハムリデース

エライヒートカシンライデキルヒートノショウカイジョウがヒツヨーネ

HAHAHAHAHAオヤクショシゴトー

こんな感じなので・・・

ラスダールさん、どうにかしてYO

OK,ベイビー、俺彼知り合い、紹介状YO

流石バード!似非ラップだぜ!

と言う訳で、問題の囚人【ビトレイ】と面会可能に

☆被告側・ビトレイ氏の主張

ある日歌ってたらいきなり捕まったんだよ!

俺は別に何もして無い!俺を捕まえるなんてこの国はおかしい!

主張は全く聞き入れられないし・・・もう脱獄するしかない!

脱獄にはメガホンが必要だ!用意してきてくれ!

こんな主張通ると思ってるのでしょうか・・・この馬鹿は・・・w

だが通るのがRO!僕は君の気高き脱獄への精神に敬意を表する!

と言う訳でコモドへ飛び、ダンサー試験場でメガホン作成を依頼

500kZenyとアインブロクまでのダンサーの護衛をしてくれれば作ってやらない事もないわよ、ふん(プイ

わーこのひとすごいうざーい

泣く泣く承諾・・・・500kzとか凄い(財布が)痛いのですけど;w;

公演中怪しい密談を耳にします
b0080200_8145972.jpg

b0080200_815104.jpg

b0080200_8152463.jpg


何やら気になる密談が行われていましたが、踊り子達に対して危険もなく無事護衛を終え、コモドへと帰還します

約束していたとおり、護衛+500kでメガホンを譲ってもらい、再度モロク城牢獄へ

ビトレイにメガホンとバイオリンを手渡すと・・・

これが音楽の力だ!!!!!1とまずバイオリンで鉄格子を破壊!!!!!(ぉぃ

何事だ!?と迫りくる看守に、メガホンで声量をあげ超音波を発生させ気絶させる!!!!!111(ぉぃぉぃ・・・

音楽SUGEEEEEEEEEEEEE

どうにかモロク城を脱出したビトレイ、今は下手に動きが取れないので、自分の代わりに知り合いに頼んである歌詞を聞いてきてくれないか?と頼まれます

オッケーイ!

まぁ先にRO世界の地図はっときましょう
b0080200_8201364.jpg


この歌詞集めですが色々なクエストでこなした事を表しているのです・・・

これってやっぱりビトレイ・・・って・・・


以下激しくキバヤシですがご了承くださいwwww
①プロンテラ
b0080200_8211065.jpg

b0080200_8212235.jpg

b0080200_8222182.jpg

この歌詞は歴史学者(ゲオルグの呪い)クエストですね
一般に知られる事のない王家への呪いを知ってる・・・とは・・・
②ゲフェン
b0080200_8234240.jpg

b0080200_8235649.jpg

b0080200_824737.jpg

王宮を狙って西から迫りくる~
地図上だとやはり・・・アルナベルツ教国ですかね・・・
③コモド
b0080200_8261682.jpg

b0080200_8262567.jpg

b0080200_8264711.jpg

これは意味深・・・、魔王モロクに関する歌なのですが・・・・

勇者の足は~=恐らく軍隊

バフォメットも止められない=迷宮の森を抜けてモロク目指して進軍してくる、すなわちシュバルツシルト共和国、もしくはアルナベルツ教国

沈没船のドレイクも~=海路から魔王モロクを口実にルーンミッドガッツ王国への進軍を示唆してる可能性、やはり位置的に共和国と教国が・・・

そもそも密談で共和国を支配するレッケンベルとアルナベルツ教国の関係性が・・・

モロクの魔王を復活させようとする邪悪なる者たち=これを口実に攻めるぜ、勿論魔王はレッケンベル主導で復活させたんだけどな!的な意味かと・・・タナトスタワーの発掘もあいつらだし・・・・

友人の悲報、死の群れ=魔王モロクへの供物、生贄かともしくは難癖つけて戦争へ、戦争の犠牲者が実は魔王への生贄だった→魔王復活→やっぱ復活してるんじゃねーか、戦争じゃ!的な意図が隠されていたのだよ!

上記の歌詞から考えうるに

レッケンベルとアルナベルツ教国は結んでおり、レッケンベルの野望がいずれルーンミッドガッツ王国を戦火に陥れる可能性を示唆しているのだ!!!!!

なんだっtt-(AA略

更に、魔王モロク(ry

なんだっtt-(AA略

ハイハイ、キバヤシタイム終了

まぁ歌詞を聞き終えて帰る訳ですが、お礼にあおばこをもらったところで・・・
b0080200_8374697.jpg

b0080200_8375429.jpg


ビトレイ連行されたんですけどwwwwwwwwwww

詳しくはラスダールに聞いてね!

ラスダールさん一体これは・・・?

あぁ、彼は元々スパイだと思っていたんだ、それを承知で尻尾を掴もうと友人として接触した、そして無理のある投獄

え・・・?

君が回ってくれたあの詩人たちの歌詞を聞いて確信が持てたよ、彼がアルナベルツ教国のスパイだってね

ええええ?

我々はわざと彼と君を泳がせていたと言う事さ、すまないと思っている、利用する形になってしまった

と、お礼を渡される

これで終わりなのですが・・・・

このスパイ疑惑クエストって色々な要素が絡んでて不思議な感じでしたね・w・

おしまい
[PR]
by siwaiwa | 2008-06-07 09:48 | クエスト
<< No-221 次回予告! じゃ... No-219 クエストって良い... >>



RO・Bijou鯖 絶賛放置中w やきゅつくは別Blogにて絶賛更新中w Linkフリーです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31